Fieldbus Foundation HomeFieldbus Foundation HomeAbout Us -
Mission, Organization,
Membership, Map & DirectionsNews Room -
Press Releases, Events, Articles,
Fieldbus Report, NewsletterFoundation Technology -
Technology Overview, Marketplace,
FAQs, Development Resources,
Glossary, Fieldbus ForumsEnd User Resources -
Registered Products, Compliant Hosts,
Related Products, Installations,
Technical References, End User CouncilsEducation -
End User Certified Training, Developer Training,
Seminars, ScholarshipGlobal -
Americas, EMEA, Asia Pacific, Oceania
Contact Us




 

フィールドバス協会の歩み(技術編)  

ROM デモ実施(計測展TOKYO)

4Q 2013

ROM デモ実施(オートメーションショーMumbui)

3Q 2013 

ROM ユーザサイトデモ実施(ペトロブラス)

2Q 2013 

ROM デモ実施(計測展OSAKA)

4Q 2012

ROM デモ実施(アヘマショーFrancfurt)

2Q 2012

ROMのメディアイベント開催(Sao Paulo)

1Q 2012

ROMの仕様を拡充

1Q 2012

ROMのメディアイベントを開催(Lee College)

4Q 2011

DesignMATEセグメント設計ツール リリース

4Q 2010

HSE-RIO暫定仕様 リリース

4Q 2010

ITK6.0発行

3Q 2010

更新版H1適合性試験キット3.0 リリース

3Q 2010

更新版ホスト試験キット2.0.0 リリース

4Q 2009

デバイスカプラの第1号登録

4Q 2009

ITKプロファイル最終仕様(FS1.0)発行

4Q 2009 

更新版H1ITK5.2.0およびHSE試験キット2.0.1 リリース

3Q 2009

ポジショナの変換器ブロック最終仕様発行

3Q 2009 

HTK DD Application Module 1.1.0 リリース  

2Q 2009 

最初の認証ホスト登録

2Q 2009 

最初のFoundation Certified Training Program(FCTP)登録

1Q 2009 

FF安全計装(SIF)仕様発行、同開発ツールリリース

1Q 2009 

ITK5.1発行

4Q 2009 

H1ケーブルの第1号登録  

4Q 2008 

NE107対応の診断プロファイル仕様発行

3Q 2008 

拡張EDDL仕様発行

3Q 2008 

デバイス・カプラ・テスト仕様発行 

3Q 2008 

FF安全計装(SIF)ユーザテスト成功  

2Q 2008 

温度トランスデューサブロック仕様発行  

4Q 2007 

H1ケーブル・テスト仕様発行  

4Q 2007 

ホスト・テスト・キット(HTK)リリース

3Q 2007 

HIST(Ver 2.0)発行

2Q 2007 

FF用新ASIC(UFC100-FI)リリース  

1Q 2007 

DD開発環境(DD-IDE)リリース  

4Q 2006 

Foundation Certified Training Program(FCTP)運用開始 

4Q 2006 

Foundation Certified Solutioin Provider Program(FCSP)運用開始

4Q 2006 

DDライブラリ(Ver3.1)リリース  

4Q 2006 

NAMURとのリエゾン関係確立  

1Q 2006 

TUVによるFF安全プロトコルのType認証

1Q 2005 

相互運用性試験システム(ITK4.61)運用開始 

3Q 2005 

EDDL機能拡張仕様(フェーズ1)リリース 

2Q 2005 

HSE-相互運用性試験システム運用開始  

1Q 2005 

高速イーサネット(HSE)仕様完成 

3Q 2004 

電源コンディショナ適合試験/登録開始 

2Q 2004 

システムエンジニアリングガイドライン発行 

3Q 2003 

HSE解析ツール(HAT)  

4Q 2002 

本質安全防爆にFISCOモデル採用  

4Q 2001 

フレキシブルファンクションブロック仕様リリース  

3Q 2001 

ホストサポート試験(HIST)運用開始

1Q 2001 

相互運用性試験システム(ITK4.0)運用開始  

2Q 2000 

高速イーサネット(HSE)仕様(REV.1.0)リリース  

1Q 2000 

最終仕様(REV.1.4)リリース 

2Q 1999 

高速イーサネット(HSE)開発開始 

3Q 1998 

相互運用性試験/機器登録開始 

2Q 1998 

最終仕様フィールド実証試験(中部電力) 

2Q 1997 

通信制御スタック適合性試験/認証開始 

1Q 1997 

最終仕様(REV.1.0)リリース 

3Q 1996 

暫定仕様(PS)版フィールド実証試験(モンサント)  

4Q 1995 

ラボ試験(通信制御仕様)  

3Q 1995 

初期暫定仕様(IRDS)レビュー  

2Q 1995 

フィールドバス協会発足

3Q 1994

 

フィールドバス協会の歩み(国内マーケティング編)

「フィールドバスユーザセミナ in TOKYO」開催

1Q 2014

 計測展2013東京 F-ROM、診断技術 

4Q 2013 

「ユーザセミナー東京」開催

1Q 2013

計測展2012大阪 本質安全防爆計装、F-ROM、診断技術

4Q 2012

「ユーザセミナ大阪」開催  

1Q 2012 

計測展2011東京 本質安全防爆計装、診断技術展示 

4Q 2011 

「ユーザセミナー大阪」開催 

1Q 2011 

計測展2010大阪 本質安全防爆計装展示 

4Q 2010 

早稲田大学共催フィールドバス技術交流会(ユーザセミナ)開催 

3Q 2010 

「ユーザセミナーin Japan(東京)」開催

1Q 2010 

計測展2009東京展示 

3Q 2009 

「FF2009GAエンドユーザセミナー(横浜)」開催

1Q 2009 

「エンドユーザセミナー in 大阪」開催  

3Q 2008 

「エンドユーザセミナー in 東京」開催 

1Q 2008 

計測展2007(東京)展示 

4Q 2007 

「エンドユーザセミナー in 北九州」開催

3Q 2007 

「EPC/エンドユーザーセミナーin 東京」開催 

3Q 2006 

計測展2005(東京)展示 

4Q 2005 

「グローバルエンドユーザーセミナー in Japan」(倉敷)開催 

3Q 2005 

システムエンジニアリングガイド(AG-181)日本語訳

2Q 2005 

「グローバルエンドユーザーセミナー in Japan」(東京)開催 

4Q 2004 

特定非営利活動法人日本フィールドバス協会設立 

4Q 2004 

日本協議会ホームページ開設

2Q 2003 

計測展2003(東京)展示

4Q 2003 

オープンネットワークラボラトリ開設 

2Q 2003 

日本協議会カタログ作成 

4Q 2002 

INTERMAC2001(東京)展示 

4Q 2001 

フィールドバス協会日本協議会(Fieldbus Foundation Japan)
として組織再編成、運営開始 

3Q 2001 

INTERMAC'99(東京)展示  

4Q 1999 

全国4個所(東京、大阪、北九州、名古屋)でユーザセミナを開催 

2Q 1998 

JEMIMAでFOUNDATIONフィールドバス仕様を工業会標準仕様へ採用決定、標準化作業開始 

2Q 1998 

INTERMAC‘97(東京)実証展示 

4Q 1997 

INTERMAC'95(東京)展示 

4Q 1995 

ユーザ諮問委員会・日本が発足,活動を開始 

3Q 1995 

初期暫定仕様(IRDS)レビューに日本協議会として貢献 

2Q 1995 

全国3個所(東京、大阪、北九州)でユーザフォーラムを開催 

1Q 1995 

フィールドバス協会設立と共に日本協議会を設立、同年10月から幹事会社6社が中心となり活動を開始

3Q 1994



 

©2006 Fieldbus Foundation | All Rights Reserved
Design by Terramorph Productions & Enhance Design | Powered by Joomla